1つの求人広告が人生を変えてくれました

HITランド代表 西田です。


今、HITランドでは、関西エリアで新しい仲間を募集しています。


待遇など、詳しくはこちらをご覧ください→ https://www.hit-land.biz/post/【求人】ブライダル音響オペレーター募集-大阪





ブライダル業界でも、「音響」という仕事に魅力を感じ、

未知の世界に飛び込んで十数年が経ちました。


たまたま見つけた、「ブライダル音響オペレーター」のアルバイトの求人広告。

思えば、あの求人広告が私の人生を大きく変えてくれたきっかけでした。


最初は、「音楽が好きだから、音楽に関係がある仕事がしたい」という動機だけでした。

音響卓は、見たことはあっても触ったことはありませんでした。


そもそも、「ブライダル音響オペレーター」というお仕事があることすら知りませんでした。


結婚式といえば、幼い頃に出席した親戚のお姉さんの披露宴で、

エレクトーンを弾いている人がいた、という記憶しかなかったのです。

(挙式で見たのだと思うのですが、それしか記憶にありませんでした)


アルバイトに応募した当時は、

今のような自分(独立して、音響会社をやっている...)は全くイメージしていませんでしたが、

ただ、求人広告を見て訪れた音響会社のお仕事説明会で、


「ブライダル音響の仕事は、音楽と照明で、結婚式を素敵に演出するシゴトです」


と聞いて、

「やってみたいし、私ならできる!」

と強く思ったことを覚えています。



最初の研修は、2つのバンケットがあるゲストハウスでした。


それぞれのバンケットでミキシングコンソールも違うものが入っており、

映像設備も微妙にやり方が違っていて、

2つの会場を行ったり来たりしながらの研修はとにかく必死の一言。


覚えるだけで精一杯、メモ帳が真っ黒になるまで書き込みました。


頭では理解できていても、体に動きを叩き込まないと、照明をつけるタイミングが少し遅れたりします。

タイミングや流れを掴めるまでは、しんどい時期もありました。


研修中に、先輩方から多くのことを教わり、

2ヶ月半でなんとかデビューした後も、毎回、オペレートは緊張の連続でした。

(今でも緊張します!)


緊張感に耐えきれず逃げ出したいような気持ちになることもありましたが、

うまくできた時の達成感や満足感は、今までに感じたことのない気持ちでした。


音や光は、お客様の反応がすぐさま返ってくるので、

「自分が披露宴を演出している!」という手応えが感じられるし、

新郎新婦様やお客様に喜んでいただけた時、笑顔を見た時、なんとも言えない嬉しさがあります。


ゲストハウスでのデビュー後、

ホテルやレストランなど様々な会場で経験を積ませていただきました。


アルバイトから社員になり、

最初の数年間はとにかく一生懸命やっているだけで、

周りを冷静に見渡せる余裕がなかったのですが、


デビュー後、数年が経って、

とにかくこの仕事に夢中に取り組んでいる自分に気づきました。


「ここ!」という絶妙なタイミングで曲のサビがきて、感動的な「演出」ができた時の、

震えがくるほどの快感や感動の虜になっていました。


日々、仕事をしている中で、

マイクケーブル八の字巻きが素早くできるようになった、とか、

インカムでのやり取りに慣れてきて落ち着いて応答できるようになった、とか、

自分自身のちょっとした進歩や成長を感じられるところも、この仕事の面白いところです。



と、まぁ、こんな感じで、どっぷりとブライダル音響の世界に浸かっている私です。


裏方の苦労を知っているので、綺麗事ばかりを並べるつもりはありません。


再生ボタン一つ押すだけでもめちゃくちゃ緊張しますし、

指一本に責任がかかっている、と思うと、指が震えてきます。


そんな思いもたくさん味わってきたので、

会社の代表ではあるけれど、音響オペレーターの立場でものを考えたり、

もっとやりやすい方法がないか日々考えたり、動いています。



社の理念は、

「お客様の幸せのためにサービスを提供すること」です。

そのためには、働きやすい環境をつくることも大事だと思っています。



頼りにされ、頼りにできる。

そんな関係性が築けたら最高ですね。




最後までお読みいただき、ありがとうございました。


求人広告には書ききれない魅力がこの仕事にはあり、当社がどのような雰囲気の会社なのかをお伝えできれば、と、広告には載せきれない話をこのブログで書いてみることにしました。


少しでも興味を持っていただけましたらご連絡ください。

お待ちしております。



2021年5月16日



#ブライダル音響大阪 #音響スタッフ募集 #ブライダル業界 #音響の仕事 #音楽の仕事